病院職員の新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ(第2報)

2020年9月14日


9月12日(土)に当院5階東病棟で勤務する職員1名が、新たに新型コロナウイルスに感染していることが判明しましたので、取り急ぎご報告させて頂きます。

当該職員は、すでに報告しております職員の濃厚接触者であり、9月8日(火)にPCR検査で陰性が確認されておりましたが、9月10日(木)に咽頭痛の症状が出たため9月11日(金)に再度PCR検査を実施し9月12日(土)に陽性となりました。
感染経路については、外食時での感染であると現時点では判断しております。
今回、感染が判明した職員は9月8日(火)午後より自宅待機をしており、職員及び患者様に濃厚接触者はおりません。
現時点では当該職員以外には新型コロナウイルスに関する諸症状を有する職員はおらず、また当該職員は、勤務中は常時マスクを着用しておりましたが、接触のあった患者様については、万全を期すため、伊丹健康福祉事務所の指導の下、経過観察を行い、状況に応じて引き続き対応していく予定です。

なお、診療機能についても、通常通りの診療を予定しております。

令和2年(2020)年9月14日
伊丹市病院事業管理者 中田 精三
病院長 飯石 浩康