院内における新型コロナウィルス感染症の発生と診療の制限に関するお知らせ(令和3年1月10日)

2021年1月10日


 6階西病棟の新型コロナウイルス感染について、1月8日(金)に同病棟の患者1名が抗原検査の結果、陽性であることが判明しました。
 また、同病棟の入院患者及び職員にPCR検査を実施しておりましたが、その結果、上記の患者に加えて患者2名の陽性が1月9日(土)に判明し、6階西病棟の感染者が合計5名(職員2名、患者3名)となったことを報告します。
1月7日(木)に感染が判明している職員以外のPCR検査結果は陰性でした。
感染経路については、院内感染事案として調査中です。

 なお、上記とは別に患者と接触の無い部署の職員1名がPCR検査の結果、陽性であることが1月8日(金)に判明しましたが、当該職員は院外の方の濃厚接触者であり、感染経路については病院外の方との接触による感染であると判断しております。当該職員には濃厚接触者の職員が1名おり2週間の自宅待機と併せてPCR検査を実施します。

 なお、診療機能は安全を期すため、当面の間、下記のとおりとさせて頂きます。
 ・外来診療は行いますが、新規入院を停止します。
 ・救急は当院で分娩予定の方以外の受け入れを停止します。
 ・人間ドックは通常どおりです。

 今後の対応は、伊丹健康福祉事務所の指導の下、万全を期して対応してまいります。
地域の皆様には多大なご迷惑をお掛けいたしますが、より安全な医療を提供できますよう、職員一丸となって取り組んでまいりますので、なにとぞご理解の程、お願い申し上げます。 

令和3(2021)年1月10日     
伊丹市病院事業管理者 中田 精三  
病院長 飯石 浩康