TOP >  発作性心房細動に対するカテーテルアブレーション – 高周波通電アブレーション

発作性心房細動に対するカテーテルアブレーション – 高周波通電アブレーション

高周波通電アブレーション(RFアブレーション)

高周波通電アブレーションは、カテーテルを心筋にあてて高周波を流すことで、心筋を焼灼するする手法です。

発作性心房細動はほとんどの患者様が肺静脈よりからの電気刺激(期外収縮)が原因で心房細動が起こるといわれています。そのため、肺静脈と左心房の電気伝導をブロックする治療を行います(肺静脈隔離術)。肺静脈以外に電気刺激が生じる場合はその起源を同定し、通電を追加しています。

拡大肺静脈隔離術

一般的には肺静脈隔離術は肺静脈を左右2本ずつ囲います。当院では、肺静脈を囲むだけでなく左房後壁もあわせて隔離します。

高周波通電での肺静脈隔離ライン

アブレーション中は、心臓を興奮させるお薬を使って行っています。
肺静脈隔離術以外に心房細動の原因が見つかれば追加のアブレーションを行っています。

次のページへ:持続性心房細動に対するカテーテルアブレーション – 高周波通電アブレーション

前のページへ:発作性心房細動に対するカテーテルアブレーション – 冷凍バルーンアブレーション

目次

心房細動とは
心房細動の治療について
当院での心房細動の治療の特徴

当院を受診していただいてから治療が終わるまで