TOP >  持続性心房細動に対するカテーテルアブレーション – 高周波通電アブレーション

持続性心房細動に対するカテーテルアブレーション – 高周波通電アブレーション

持続性心房細動の場合は、発作性と同様、拡大肺静脈隔離術を行いますが、その後も心房細動が持続する場合、以下のマッピングという方法を行っています。

心房細動の原因を調べるための様々なマッピング

CFAEマッピング

カテーテルで5秒間、心房細動中の電気信号を記録します。乱れている電気信号を明るい色(白、黄、赤など)、乱れていない部位を紫色で表示しています。乱れている部位は心房細動の原因と考えられています。

CFAEマッピング、カフェマッピング

電位マッピング

正常の脈に戻し、電気信号を記録します。電気信号の波高の高いところ(紫)は健常な心房で、明るいところ(赤や黄など)は低電位領域といい、心房が傷んでいる領域で心房細動の原因と考えられています。

電位マッピング、ボルテージマップ

Rotorマッピング(ローターマッピング, ExTRa Map)

心房細動中は左心房の様々な場所で渦巻き型興奮波(Rotor)がさまよって動いています。このマッピングを行うとRotorがさまよう様子がわかるため、興奮波がよく見られる部位に治療を追加します。

これは持続性心房細動の症例において、心房細動中の左心房内をRotorマッピングした様子をうつした動画です。Rotorマッピングにより左心房内で興奮波が旋回したりさまよい運動する様子が観察されます。興奮波がよく見られる場所に対して治療の追加を検討します。

Rotorマッピング(ローターマッピング)

渦巻きをよく認める 渦巻きをよく認める 渦巻きをあまり認めない

左側の動画では、円の中心から少し上の点を中心に興奮旋回が長い時間持続している様子が見られます。真ん中の動画では円の右下や上部など複数の渦巻が同時に起こっている様子が見られます。一方、右側の動画では、興奮旋回は見られず他方から伝導してきた興奮を受動的に伝搬している様子が見られます。右側の動画のような部位には通電は行いません。

自律神経節マッピング

左心房に存在する自律神経節が心房細動を発生、または維持させ、影響を及ぼしています。左心房に5か所存在しており、この部位をカテーテルで電気刺激すると脈が遅くなります(徐脈)。徐脈が起こる部位を自律神経節陽性部位とし治療を追加しています。

自律神経節マッピング、GP

心房頻拍マッピング

心房細動から心房頻拍に変化する事があります。心房に一定の電気回路ができてしまい、その部分を興奮することで心房頻拍になります。心房頻拍中にマッピングを行う事でこの回路を同定し、回路を回らないように治療を追加します。

心房頻拍マッピング

当院の持続性心房細動に対する治療の特徴

持続性心房細動は肺静脈のみで再発なく経過される患者様は20%程度といわれています。持続することで心房筋が傷んでしまい、自然に停止しなくなるためです。心房細動を持続させている維持基質を追加で治療する事が必要となりますが、患者様により原因は様々です。当院ではこれらのマッピングを組み合わせる事で患者様の心房細動の原因を適切に分析し、最小限の追加治療を行う事で安全かつ低侵襲で、効果的なカテーテルアブレーションを行っています。

次のページへ:心房細動の治療成績

前のページへ:発作性心房細動に対するカテーテルアブレーション – 高周波通電アブレーション

目次

心房細動とは
心房細動の治療について
当院での心房細動の治療の特徴

当院を受診していただいてから治療が終わるまで