TOP >  心房細動の治療

心房細動の治療

心房細動とは

心臓の正常な電気の流れ

心臓には4つの部屋があり、刺激伝導系と呼ばれる電線が走っています。正常な脈(洞調律)とは、発電所(洞結節)の電気刺激が電線を流れ、規則正しく4つの部屋を規則正しく動かすことです。

心臓は電気信号が心筋の中を伝わると動きます
画像は日本光電工業株式会社提供

正常洞調律は心拍数60-100/分の規則正しいリズムで、心電図は下図のようになります。P波は心房(上の部屋)の興奮波、QRS波は心室(下の部屋)の興奮波を示します。

正常洞調律の心電図

心房細動の場合の電気の流れ

しかし、心房細動になると心房がバラバラに興奮し、P波の代わりに細動波と呼ばれる細かいゆれがみられます。心室へは不規則に興奮が伝わるため、脈はバラバラになります。

心房細動時の心電図

次のページへ:心房細動の症状

目次

心房細動とは
心房細動の治療について
当院での心房細動の治療の特徴

当院を受診していただいてから治療が終わるまで