TOP >  当院を受診していただいてから治療が終わるまで

当院を受診していただいてから治療が終わるまで

当院を受診

お薬手帳(かかりつけ医に診ていただいている患者様は紹介状も)を持参の上、循環器内科の外来を受診してください。

外来主治医より患者様とご家族の方に説明を行い、アブレーションを希望されたら、入院予約を取ります。

なお、いつから心房細動なのかわからない患者様は、心房細動のままでなおらない永続性なのか、治療にて洞調律に回復する長期持続性なのか、鑑別する必要があります。事前に抗不整脈薬、および、電気的除細動治療を行う場合があります。また、洞調律に回復したときに脈が極端に遅くなり、ペースメーカー植込みが必要となる場合もあります。

治療前の検査

アブレーション術前に外来で胸部造影CTと経食道心エコー検査を行います。胸部造影CTは、心臓の構造を把握するために行います。なお、腎臓の悪い患者様、アレルギーをお持ちの患者様は造影剤を使用せずCTを行うことがあります。経食道心エコーは、食道から心臓を観察するエコーで、心臓の中に血栓があるかどうかを確認します。

入院・治療

通常は3泊4日です。入院翌日にアブレーションを行います。ただし、再発を認めた場合、合併症が生じた場合などは入院期間が延びることがあります。

退院後

発作性心房細動の患者様は抗不整脈薬を中止し、1ヶ月毎に外来で経過観察を行います。治療から3ヶ月するとホルター心電図検査を行います。再発がなければ、3ヶ月毎に経過観察します。

持続性心房細動の患者様は左房が拡大していることが多く、3ヶ月程度は抗不整脈薬を内服頂く場合があります。外来での血液検査、経胸壁心エコー検査を参考にし、6ヶ月を目処に抗不整脈薬は減量、中止します。治療から6ヶ月後と12ヶ月後にホルター心電図検査を行い、再発の有無を評価します。

また、CHADS2スコアが1点以下の場合は抗凝固薬を中止することができます。

Congestive heart failure 心不全 1点
Hypertension 高血圧 1点
Age ≧ 75y 75歳以上 1点
Diabetes mellitus 糖尿病 1点
Stroke/TIA 脳卒中/TIAの既往 2点
Gage BF, et al: JAMA. 2001;285: 2864-2870

なお、再発を認めた場合は再度、アブレーションを行う場合があります。

目次

心房細動とは
心房細動の治療について
当院での心房細動の治療の特徴

当院を受診していただいてから治療が終わるまで