消化器内科

外来診察表はこちら

主なスタッフ
医師名 役職 学会専門医・認定医
飯石 浩康 病院長 日本内科学会【認定医】
日本消化器病学会【指導医】【専門医】
日本消化器内視鏡学会【指導医】【専門医】
日本消化管学会【胃腸科指導医】【胃腸科専門医】
日本大腸肛門病学会【指導医】【専門医】
筒井 秀作 副院長
内視鏡センター センター長
臨床研修センター長
経営企画室主任部長
日本内科学会【指導医】【認定医】
日本消化器病学会【指導医】【専門医】
日本消化器内視鏡学会【指導医】【専門医】
日本消化管学会【胃腸科指導医】【胃腸科専門医】
日本膵臓学会【指導医】
日本臨床腫瘍学会【暫定指導医】
日本医師会【認定産業医】
日本がん治療認定医機構【暫定教育医】【がん治療認定医】
大阪大学医学部臨床教授
村山 洋子 医局長
科主任部長
栄養管理室部長
日本内科学会【指導医】【総合内科専門医】
日本消化器病学会【指導医】【専門医】
日本消化器内視鏡学会【指導医】【専門医】
日本消化管学会【胃腸科指導医】【胃腸科専門医】
日本肝臓学会【専門医】
日本医師会【認定産業医】
日本がん治療認定医機構【暫定教育医】【がん治療認定医】
日本ヘリコバクター学会【H.pylory(ピロリ菌)感染症
認定医】
兵庫医科大学臨床教育教授
今中 和穗 科部長 日本内科学会【指導医】【認定医】
日本消化器病学会【指導医】【専門医】
日本肝臓学会【指導医】【専門医】
日本消化器内視鏡学会【専門医】
日本超音波医学会【専門医】
日本医師会【認定産業医】
日本がん治療認定医機構 【がん治療認定医】
佐野村 珠奈 非常勤医 日本内科学会【総合内科専門医】
日本消化器病学会【専門医】
日本消化器内視鏡学会【専門医】
日本消化器がん検診学会【認定医】
日本消化管学会【胃腸科専門医】
日本ヘリコバクター学会【H.pylory(ピロリ菌)感染症
認定医】
日本人間ドック学会【人間ドック健診指導医】
【人間ドック健診専門医】【人間ドック認定医】
荻山 秀治 科部長 日本内科学会【指導医】【総合内科専門医】
日本消化器病学会【専門医】
日本消化器内視鏡学会【指導医】【専門医】
日本消化管学会【胃腸科指導医】【胃腸科専門医】
日本肝臓学会【専門医】
日本医師会【認定産業医】
日本がん治療認定医機構【認定医】
日本ヘリコバクター学会【H.pylory(ピロリ菌)感染症
認定医】
堀木 優志 科部長
がん相談支援室部長
日本内科学会【指導医】【認定医】
日本消化器病学会【専門医】
日本消化器内視鏡学会【専門医】
日本緩和医療学会【暫定指導医】
瀬戸 華世 副医長 日本内科学会【認定医】
日本消化器病学会会員
日本臨床腫瘍学会会員
日本消化器内視鏡学会員
那須 文香 専攻医
佐竹 真 専攻医 日本内科学会【認定医】
前田 真吾 専攻医

特色

消化器内科では、安心で安全な医療を提供するため、消化器外科・放射線科などの診療科と緊密な協力体制をとりながら、高度な診断や治療を迅速に提供できるように日々努力してきました。平成26年度はスタッフ10名が、平成25年1月に開設した内視鏡センター(透視室1室、処置室2室、検査室4室)において、最新の内視鏡機器類を用いた高度な内視鏡診療を開始しており、受診される患者様の数も飛躍的に増加しています。

消化管疾患の治療

  • 消化管では、上部・下部消化管内視鏡検査などのルーチン検査に加え、消化管異物除去術や消化管狭窄に対する拡張術、胃や大腸のポリープに対する内視鏡的粘膜切除術(EMR)を行っています。また、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)に関しては、食道・胃・大腸すべての領域の早期癌に対応可能で、高い治療成績を上げています。
  • 消化性潰瘍や食道・胃静脈瘤からの出血による救急搬送例が多い事情を踏まえ、緊急内視鏡による止血処置も積極的に行っています。
  • 2016年度から、小腸疾患に対する、カプセル内視鏡・バルーン内視鏡検査を開始しました。
  • 外科的切除が不能な消化器領域の進行癌にたいしては、化学療法や放射線療法を行っています。
  • 炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病など)に対しては、大学病院などと連携して治療を行っています。

肝・胆・膵の疾患治療

  • 肝疾患、特に慢性肝疾患、肝硬変に対しては、腹部超音波検査で定期的な経過観察を行い、より診断精度の高い造影超音波を導入し肝癌の早期発見に努めています。
  • 3個以下、3cm以下の肝癌に対しては、ラジオ波焼灼療法(RFA)を積極的に行うとともに、超音波で見にくい病変に対しては、腹水下のRFAやReal-time Virtual Sonography(RVS)を用いたRFAを行っています。
  • C型慢性肝炎に対しては、インターフェロンフリー治療からインターフェロン治療・3剤併用療法まで幅広い治療を行い、B型肝炎に対してはインターフェロン治療やエンテカビルの治療を行っています。
  • 胆・膵疾患については、膵癌・胆道癌・総胆管結石の症例が多いため、ERCP等の胆膵内視鏡治療を数多く(180例/年)行っています。
  • また、膵臓癌に対しては超音波内視鏡下穿刺細胞診(EUS-FNA)を導入し、組織診断に基づいた治療法の決定に役立てています。
検査業務
検査名
上部消化管内視鏡 午前
下部消化管内視鏡 午後
EMR 午後
ESD 午後
ERCP 午後
EUS(EUS‐FNA) 午後
小腸カプセル内視鏡 午前
小腸バルーン内視鏡 午後 月曜日から金曜日(入院)
超音波 午前 ●(隔週)
エコー下肝生検/RFA/PEIT 午後

 

平成29年の治療実績

入院患者の内訳
 病名 人数
 食道癌 34
 胃癌 115
 大腸癌 92
 膵癌 49
 肝癌 79
 肝門部胆管癌 19
 胆嚢癌 6
 その他癌 12
合計1 406
 大腸ポリープ 461
 結腸憩室炎 84
 胆石胆のう炎 62
 上部消化管出血・胃十二指腸潰瘍 72
 総胆管結石・胆管炎 83
 虚血性腸炎 50
 イレウス 81
 急性腸炎 93
 急性膵炎 31
 C型慢性肝炎 4
 食道静脈瘤 12
 肺炎 28
 アルコール性肝障害 22
 急性虫垂炎 31
 急性肝炎 10
 肝硬変 26
 閉塞性黄疸 8
 S状結腸軸捻転 8
 下部消化管出血 20
 肝性脳症 2
 その他 11
 胃ポリープ・胃腺腫 8
 潰瘍性大腸炎 12
 貧血 68
 消化器その他 78
合計2 1,365
総計 1,771

 

検査件数
上部消化管内視鏡 4,262件
経口内視鏡検査 3,121
経鼻内視鏡検査 901
食道静脈瘤治療(硬化療法、結紮術) 22
上部消化管異物除去術 12
内視鏡的粘膜切除術(EMR) 9
内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD) 75
上部消化管止血術 79
PEG造設術 43
下部消化管内視鏡 2,751件
内視鏡検査 2,203
内視鏡的粘膜切除術(EMR) 503
内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD) 45
小腸内視鏡 8件
胆膵内視鏡 171件
ERCP 23
ドレナージ(ENBD、ERBD) 44
ステント留置術 41
総胆管結石除去術 48
超音波内視鏡下穿刺生検(EUS-FNA) 15
腹部超音波 3,032件
腹部超音波検査 2,934
腹部造影超音波検査 64
肝生検 18
肝癌療法(RFA、PEIT) 16