外科

外来診察表はこちら

主なスタッフ
医師名 役職 学会専門医・認定医
平塚 正弘 院長 日本外科学会【指導医】【専門医】
日本消化器外科学会【指導医】【専門医】
     【消化器がん外科治療認定医】
日本臨床腫瘍学会【暫定指導医】
日本がん治療認定医機構【暫定教育医】
【がん治療認定医】
大阪大学医学部臨床教授
山本 正之 副院長
乳腺外科主任部長
救急医療室部長
中央手術室部長
日本外科学会【指導医】【専門医】
日本消化器外科学会【指導医】【認定医】
     【消化器がん外科治療認定医】
日本乳癌学会【認定医】
日本医師会【認定産業医】
NPO法人マンモグラフィ検診精度管理中央委員会 【検診マンモグラフィ読影認定医師】
日本がん治療認定医機構【がん治療認定医】
村田 賢 科主任部長 日本外科学会【指導医】【専門医】
日本消化器外科学会【指導医】【専門医】
日本消化器病学会【指導医】【専門医】
日本肝胆膵外科学会【評議員】
日本消化器外科学会【消化器がん外科治療認定医】
日本がん治療認定医機構【暫定教育医】
田中 伸生 科部長
がん相談支援室部長
日本外科学会【専門医】
日本消化器外科学会【認定医】
福永 浩紀 科部長
感染対策室部長
日本外科学会【指導医】【専門医】
日本消化器外科学会【指導医】【専門医】
日本消化器病学会【専門医】
日本消化器内視鏡学会【専門医】
日本大腸肛門病学会【専門医】
日本内視鏡外科学会【技術認定医】
ICD制度協議会【ICD】
鈴木 玲 科部長 日本外科学会【専門医】
澤見 浩和 副医長 日本外科学会【専門医】
日本がん治療認定医機構【がん治療認定医】
浅井 健佑 専攻医 日本外科学会会員
日本消化器外科学会会員
森 貴之 専攻医
青木 菜摘子 専攻医
高尾 聡 専攻医

特色

 当院外科では、消化器疾患、乳腺内分泌疾患を中心にエビデンス(根拠)に基づいた診療を行っております。スタッフは平塚病院長を筆頭に11名のスタッフで各分野を担当しております。
 最近では悪性腫瘍手術でも胃、大腸を中心に腹腔鏡下手術が大幅に増加してきており、患者さまの苦痛の軽減に寄与していると考えております。当科では、術前に十分に病態の評価をし、スタッフ全員で検討を重ね個々の患者さまに最適の治療を提案するように心がけております。その上で十分な説明を行い、治療を進めていきます。一方では、安全に質の高い医療が提供できるように積極的にクリニカルパス(診療計画)を導入しております。
 また、手術だけではなく、外来化学療法・緩和ケアにも力を入れ患者さまの生活の質の改善に努めております。

診療内容・実績

上部消化管(平塚、福永)

  胃癌治療について、早期癌では消化器内科と相談しながら、ESD(内視鏡的粘膜下層切開剥離術)と外科切除の適応を決定しています。とくにESD適応外の早期胃癌については、腹腔鏡下手術の適応として、根治性を担保したうえでできるだけ侵襲が少ない治療を行うようにしています。
 一方、進行癌については、最新のエビデンスに基づき化学療法と積極的な手術を組み合わせた標準治療を提供しています。なお、出血や高度狭窄といった緊急性の高い病態に対しては安全性を十分確保した上で、準緊急的に対応し、かつ可能な限り根治性を高める治療を行うようにしています。
 また、標準治療を上回る可能性のある治療を構築するために、消化器内科とともにJCOG(日本臨床腫瘍研究グループ)に参加して手術や化学療法の新しい可能性について研究を行っています。当院が参加した臨床研究から、胃癌治療の新しいエビデンスがいくつも報告されています。現在は、とくに治療成績の悪い、高度リンパ節転移を伴うHER2陽性胃癌に対してtrastzumab(抗がん剤)を用いた術前補助療法を行う臨床研究を先進医療制度の枠組みで行っています。

下部消化管(田中、鈴木)

 結腸・直腸癌 大腸癌治療ガイドラインに沿った治療を基本としております。進行癌の比率が高いですが、手術侵襲の軽減を目指して可能な症例には積極的に腹腔鏡補助下切除を行っております。一方、腸閉塞を合併した患者さまも積極的に受け入れて、緊急手術を含めた対応を行っております。
 再発例に対しては最先端の化学療法(FOLFOX,FOLFIRI,アバスチン、アービタックス、ベクティビクスの抗体療法)を導入しております。消化器内科、放射線科、呼吸器外科、外来化学療法室、皮膚・排泄ケア認定看護師(ストーマ外来を開設)と協力し、毎週症例カンファレンスを重ねることによって個々の患者さまのニーズにあった診療を行うことをモットーにしております。肝転移に対しては積極的な切除を行っております。

肝胆膵疾患(村田、田中)

 肝癌に対して、エビデンスに基づいた治療を基本としております。原発性肝癌、転移性肝癌が手術の対象になります。消化器内科や放射線科などと密に連絡して、ラジオ波治療や肝動脈化学塞栓療法と手術治療を連携しております。
 膵癌、胆道癌に対しても積極的に切除を行っております。
 胆石症 ほとんどの症例に腹腔鏡下手術を行っております。総胆管結石症の合併例では、消化器内科と連携し内視鏡的切石術を先行した上で手術を行い、患者さまへの身体的負担の軽減を図っております。

その他の疾患

緊急手術
 夜間でも重症度に応じて随時対応しております。虫垂炎では腹腔鏡下手術を基本術式としております。また、単孔式手術も行っております(適応は当院で決定しております)。
ヘルニア
 メッシュプラグ(ナイロン製の栓とシート)を用いた標準的な手術を行っております。
痔疾患
 標準的な手術や硬化療法(ジオン注)を行っております。
下肢静脈癌
 標準的な手術(選択的ストリッピング:静脈瘤を抜去すること)や硬化療法を行っております。

年間手術数の推移
消化器全麻下
手術症例
乳腺
H26 460 146(乳がん 120)
H25 471 147(乳がん 130)
H24 490 127
H23 471 109
H22 473 102
H21 443 118
H20 416 97
H19 381 80
H18 376 76
H17 341 60

外来診療案内

初診・・・随時受け付けております。かかりつけ医からの紹介状をお持ちの患者様はあらかじめご連絡をいただければ地域医療連絡室を通じて予約診療が可能です。
待ち時間・・・現在約30分から1時間の待ち時間をいただいております。患者様の重症度によって診察順番が前後することがあります。
再診・・・急な病状の変化に対しては当院救急外来を利用して24時間対応可能です。

入院診療案内

 他院で確定診断の上、来院された場合の手術までの待機時間は2~3週間前後となっておりますが病状の緊急性に応じて対応しております。手術時期は患者様のご希望に沿うように配慮しておりますが、諸般の理由で叶わない場合もありますのでご理解をお願いいたします。

専門医制度と連携したデータベース事業について

専門医制度と連携したデータベース事業について(PDF)