呼吸器外科

外来診察表はこちら

主なスタッフ
医師名 役職 学会専門医・認定医
奥村 好邦 科主任部長 日本外科学会【専門医】
日本呼吸器外科学会【専門医】
日本がん治療認定医機構【暫定教育医】【がん治療認定医】
肺がんCT検診認定機構【肺がんCT検診認定医】
日本医師会【認定産業医】
日本胸部外科学会【正会員】
国際肺癌学会(IASLC)【Member】
The Society of Thoracic Surgeons【International member】
業績参照(2010年~2011年)(PDF)
兵庫医科大学非常勤講師
仲田 庄志 科部長 日本外科学会【指導医】【専門医】
日本呼吸器外科学会【専門医】
日本呼吸器内視鏡学会【専門医】
日本がん治療認定医機構【がん治療認定医】
肺がんCT検診認定機構【肺がんCT検診認定医】
日本医師会【認定産業医】
日本大腸肛門病学会【四段階注射法認定医】

特色

平成24年4月から開設3年目に入ります。この1月から専攻医1名が加わり、さらに夏には専門医が1名増員され、スタッフ3名体制へと充実します。
昨年末に、西日本がん研究機構(WJOG)に施設登録させていただき、この3月から全国40施設が参加するWJOG5308L試験(縦隔リンパ節転移を有するⅢA期非小細胞肺癌に対する術前の化学放射線療法と手術を含むtrimodality治療のfeasibility study)に登録承認されました。
4月には、兵庫県指定がん診療連携拠点病院として、手術後の患者さんの外来フォローについて登録開業医との地域連携パスの運用を開始しました。
また、兵庫医科大学、産業医科大学、大阪医科大学などの呼吸器内科・外科との共同臨床研究にも積極的に参加・登録していきます。
内視鏡機器の充実や手術スタッフとの連携をさらに密にし、Hybrid VATS(小開胸内視鏡手術)だけでなく、さらに低侵襲なpure VATS(完全内視鏡手術)の導入、呼吸器内科との連携においては遺伝子解析に基づく新規抗癌剤による術後化学治療の開始、など患者さんのためにより良い治療を継続して行いたいと思います。

治療実績

《2011年度》
全身麻酔症例114例
内訳:原発性肺癌40(うち区域切除5、胸壁・SVC合併切除2)
転移性肺腫瘍10、気胸19、膿胸12、縦隔腫瘍7、アスペルギルス菌球症1
その他良性腫瘍9、胸腔鏡生検5
以上のうち、胸腔鏡下手術は、112例

着任以来2年間(~2012年3月末)での全身麻酔症例は231例(肺癌80例)となりました。

新任の呼吸器外科部長の自己紹介をかねて、治療の特徴を述べさせていただきます。
平成8年に兵庫医科大学を卒業、胸部外科(現、心臓血管外科・呼吸器外科)で修練し、平成12年から国立療養所刀根山病院(現、独立行政法人刀根山病院)で約3年間呼吸器外科の研鑽を積み、平成16年4月の兵庫医科大学呼吸器外科創立以来、助教・講師として診療・研究・教育に邁進してまいりました。
この6年間で兵庫医科大学は阪神南地区の呼吸器外科の中核病院として原発性肺癌をはじめ年間330例を越す手術を行なう日本有数の施設に成長し、とくに悪性胸膜中皮腫の治療においては日本の多施設共同研究の中心的な役割を担うまでになりました。
このたび、着任させて頂いた阪神北地区の中核病院である市立伊丹病院におきましても、地域の呼吸器外科疾患に悩む患者さんのために、頑張りたいと思います。

胸腔鏡下手術(内視鏡手術)

主に行なわれる手術について「胸腔鏡手術」
最近は電子機器の発達により、多くの科で内視鏡を用いた縮小手術、いわゆる「患者さんにやさしい手術」が主流となってきています。

小開胸からの操作

われわれ呼吸器外科の分野でも、胸腔鏡というカメラを用いて手術をすることが当たり前となり、9割以上の手術で使用するようになっております。以前のように肩甲骨から乳頭部に及ぶような大きな切開で5-6時間もかけての大手術ではなく、摘出する肺を取り出すための小切開(4-7cm)とカメラ孔(2cm)だけで肺癌の手術が2時間前後で行なえるようになってきています。

すりガラス様陰影(GGO)

さらにCTの高機能化により、淡い陰影として発見される「すりガラス様病変(GGO)」が、早期の肺癌として治療されることが多くなってきております。患者さんの高齢化とともに、2cm以下のGGO症例などにおいては、残存肺機能をできるだけ残すために肺葉切除術から肺区域切除術へと、縮小手術化がすすんでおり、より高度な専門性の高い手術が求められてきています。

ご存知のように、肺癌は日本の癌死亡の1位であり、死亡者数は7万人にも達する勢いです。しかしながら、国内での肺癌手術件数は2万5千件にもおよびません。どの癌にも言えることですが、早期発見、早期治療が、治療の第一歩を決定します。かかりつけの開業医さんで、怪しい影があるといわれたら、早めに精査していただき、紹介受診していただきますようお願いします。