血液内科

外来診察表はこちら

主なスタッフ
医師名 役職 学会専門医・認定医
徳嶺 進洋 診療部長
内科主任部長
科主任部長
心療内科主任部長
精神科主任部長
健康増進室主任部長
外来化学療法室部長
感染対策室主任部長
日本内科学会【指導医】【認定医】【総合内科専門医】
日本血液学会【指導医】【専門医】
日本輸血・細胞治療学会【認定医】
日本化学療法学会抗菌化学療法【認定医】
日本医師会【認定産業医】
日本人間ドック学会【人間ドック健診指導医】【人間ドック健診専門医】【人間ドック認定医】
ICD制度協議会【ICD】
大阪大学医学部臨床教授
兵庫医科大学臨床教育教授
井上 愛 科部長 日本内科学会【指導医】【総合内科専門医】
日本血液学会【専門医】
日本医師会【認定産業医】
石田 尚子 科部長 日本内科学会【指導医】【認定医】
日本医師会【認定産業医】
髙橋 雅文 副医長 日本血液学会【専門医】
日本内科学会【認定医】
日本救急医学会会員【ICLS】
日本ACLS協会【BLS】【ACLS】

特色

  • 阪神地域における血液疾患の中核診療施設の一つとして、また日本血液学会認定施設として、急性白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫といった造血器悪性腫瘍に対する診断および治療を行っています。
  • 5階東にある血液病棟では、現在無菌病室2床、準無菌病室4床を備え、急性白血病の寛解導入や自家末梢血幹細胞移植を行い、治癒を目指した治療を行っています。
  • 大阪大学血液腫瘍・内科との緊密な協力体制を持ち、ハイリスク患者さまの骨髄移植などの紹介をスムーズに行うことを目指しています。
  • 高齢者の造血器腫瘍については、緩和医療を含めたQOLを重視した治療にも力を注いでいます。

治療実績

  • 血液内科の病床数は約30床で、新規年間入院数は急性白血病約5〜10名、悪性リンパ腫30数名、多発性骨髄腫5名前後となっています。これらの血液疾患患者は伊丹市内のみならず、宝塚市、川西市のほか大阪市域からの紹介があります。
  • 造血器悪性腫瘍は近年、目覚しく治療法が発展している分野であり、当院でもエビデンスに基づきつつ、最新の治療が行える体制を整えています。
  • 急性白血病に対して、通常の抗癌剤による治療(化学療法)以外に、分化誘導療法や自家末梢血幹細胞移植なども行っています。
  • 70歳程度までの悪性リンパ腫・多発性骨髄腫の患者さまを対象に、自家末梢血幹細胞移植を併用した超大量化学療法を年間6〜7例施行しており、治癒を目指した治療を行っています。
  • 悪性リンパ腫・多発性骨髄腫の患者さまに外来での化学療法を実施することもあります。
  • 再生不良性貧血は、抗ヒト T リンパ球血清とシクロスポリンによる免疫抑制療法により多くの方で造血能の回復が得られ、外来通院可能となっています。
  • 外来化学療法室を平成19年3月1日に新しくオープンし、外来化学療法及び定期的輸血を行っています。がん化学療法認定看護師も、化学療法中の患者さま方に適切なアドバイスを行っています。
  • 特発性血小板減少性紫斑病、自己免疫性溶血性貧血などの患者さまも、ステロイドホルモンによる治療を中心にして、外来で継続加療させて頂いています。
  • 自己免疫疾患・膠原病については多臓器疾患という観点から整形外科、皮膚科、泌尿器科などの関連各科と連携をとりながら診療を進めております。