TOP >  知りたい >  ごあいさつ

ごあいさつ

病院事業管理者 中田 精三

病院事業管理者 中田 精三

 市立伊丹病院は、医師会・歯科医師会の先生方と共同して、治療に対してチーム医療を行い、「安全で、質の高い医療を、効率よく」を基に病院運営を続けてきました。また、医師会の先生方には特に医療連携としてこれまで大変お世話になり感謝しております。

 病院経営では未だ厳しいところがありますが、消化器内視鏡を長らく専門に行ってこられた飯石浩康先生が大阪府立成人病センターから新病院長として就任され、整形外科の中井 毅先生が副院長に成りましたことから、より良い診療に向かって常にチーム医療を心懸けながら前進したいと考えております。

 市立伊丹病院は1983(昭和58)年5月9日に現在の住所に新病院として開院しましたが、既に34年が過ぎております。現在は阪神北二次医療圏での患者を中心に急性期医療を提供しております。しかし、市立伊丹病院の今後の方向性については「地域医療構想調整会議」での決定事項に影響を受けることになり、高度急性期をどうするかを含め医師会の先生方を始め兵庫県や各市の医療行政や関連大学からもご意見をいただき、「経営形態の見直し」についての検討をお願いする必要が生じてくるかもしれません。また、病院の建て替えの話が出てくるかもしれません。しかし、それまでは阪神北二次医療圏での中核病院として地域の患者に医療を持続的に提供できるように努めて参ります。

 今年4月には医師数は132名となっており、2009(平成21)年からは呼吸器外科、老年内科、アレルギー疾患リウマチ科、形成外科、病理診断科、内視鏡センター、人工関節センター、糖尿病センター、乳腺外科、放射線診断科、放射線治療科を段階的に新設してきました。看護師もこれまでで最も多い323名になっており、昨年度からは病床も402床まで稼動させることができるようになっています。

 昨年度から整形外科は日勤帯での入院の必要な外傷患者に対しては、手術対応が可能な限り救急として受け入れるようにしています。今年度からは循環器の患者につきましても、平日の午後8時30分までは循環器科医師が緊急用の携帯電話を持って、かかりつけ医の先生から直接連絡をして頂くように致しました。
 初期臨床研修医は1年度6人でしたが、教育環境としては整ってきていることから、関係機関に対して研修医の増加をお願いし、昨年度は7名に、本年度からは10名に増加していただき研修を開始しております。

 本年6月からは新しい循環器の専門医が来られてカテーテルアブレーション治療も開始できる予定で、心房細動等の不整脈にて困っておられる適応患者に対して治療を開始します。

 放射線治療専門医が1名増加したことに伴い、強度変調放射線治療(IMRT)症例の増加を図ります。準備が整い次第、脳腫瘍に対する定位放射線治療も開始いたします。また、3テスラMRI画像診断装置も購入し、乳ガン、脳神経疾患、整形外科等の診断精度を向上させます。

 アレルギー疾患や呼吸器の患者に対して集学的な治療を行うことができるように5西病棟をセンター化し、呼吸器内科、呼吸器外科、アレルギー疾患リウマチ科の患者を集めて呼吸器アレルギー診療センターとしてチーム医療を強化します。また、ICU医師の24時間配置体制も開始しています。

 このように急性期病院としての機能を充実させてきましたが、今後は国や兵庫県の方針に従った急性期病院としての機能を充実させる必要があり、地域医療支援病院や兵庫県指定がん診療連携拠点病院として一人でも多くの患者を助けて行きたいと考えております。

今後とも、継続したご支援をよろしくお願い申し上げます。

病院長 飯石 浩康

病院長 飯石 浩康

病院長 飯石 浩康

 市民のみなさんこんにちは。病院長の飯石浩康(いいしひろやす)です。新年度を迎え当院も新しい体制となりましたので市民のみなさまにお知らせいたします。

 長年当院に勤務し貢献されてきました山本正之副院長、徳嶺進洋診療部長が3月31日をもって定年退職されました。山本先生は消化器外科と乳腺外科の診療や後輩の育成にご尽力いただきました。また救急部門の運営でも中心的な役割を果たされてきました。徳嶺先生は血液内科の専門医としてだけでなく、IT関係や院内感染対策で活躍されました。お二人の先生がお辞めになるのは当院にとって大きなマイナスですが、幸いお二人とも4月以降も当院を助けていただけることになり、それぞれ乳腺外科と人間ドックを担当していただきます。診療部長には市立豊中病院から赴任する大腸手術を専門とする森田俊治外科主任部長が就きました。

 4月にはリハビリテーション科を新たに設け、これまで行ってきたがんリハビリ、心臓リハビリ、脳卒中リハビリ、呼吸器リハビリ、運動器リハビリを一層充実させていく方針です。また糖尿病内科の名称を、行っている診療内容を明示するために糖尿病・内分泌・代謝内科と変更いたしました。

 さらに4月からは従来から使用しています1.5テスラのMRIに加えて3テスラのMRIが稼働しています。これまで以上に精細なMRI画像を撮影できるようになりましたので診療のレベルアップに役立てます。また放射線治療科では1月から脳腫瘍に対する定位放射線治療を始めています。ガンマナイフと比べて患者さんの負担が少なく、しかも同程度の治療効果が期待できます。

 お蔭様で本年度もフルマッチで10名の臨床研修医を迎えることができました。当院では初期臨床研修に力を入れており、医学生の評価も高く多くの見学者が訪れています。充実した臨床研修を行い優秀な医師を育てるためには患者さんのご協力が不可欠です。みなさまの温かい励ましとご協力をお願いいたします。

 当院は昨年10月に日本医療機能評価機構の訪問審査を受けました。いくつか問題点を指摘されましたが無事認定されました。今回で3回目の認定ですが、指摘された点を改善するとともに、今後も継続して病院のハード面とソフト面の両面で質の向上に取り組んでまいります。

 最後に市立伊丹病院が今後取り組む重要な事業についてご報告いたします。藤原市長が昨年の市長選挙で掲げられたマニフェストの重点施策のひとつに『高度医療・救急体制の充実』がありました。その具体的な取組みとして、「3次救急医療に対応可能な高度急性期医療体制の提供」と「市立伊丹病院の機能強化」が挙げられています。市長は、今年2月の市議会でも平成30年度の施政方針として、当院の診療体制をはじめとする機能強化に努め、地域の中核病院として高度急性期医療が提供できるように、周辺の基幹病院との連携も視野に入れて今後の地域医療の在り方を検討することを表明され、そのための予算案も計上されました。具体的な内容はこれから検討が始まりますが、当院はこの方針に基づいて新しい連携を模索し、今後も地域医療に貢献してまいります。

 これからも当院は、「私たちは、安全で、安心な、信頼される医療を提供します」という理念を実践するために努力してまいりますので市民のみなさまのご理解、ご協力のほどをお願い申し上げます。