TOP >  手術支援ロボット「ダヴィンチXi」導入のお知らせ

手術支援ロボット「ダヴィンチXi」導入のお知らせ


手術支援ロボット「ダヴィンチXi」

 安全安心で低侵襲かつ優しい手術を実現し、最先端医療を提供するため、手術支援ロボット「ダヴィンチXi」を導入しました。

Team daVinci photo daVinci ope photo

 医師をはじめ、看護師、臨床工学技士などによるチームを準備段階から形成し、シミュレーションや他施設の見学を行い、万全の体制でダヴィンチ手術を開始しています。

 ダヴィンチXiでは、小さな穴を数か所お腹にあけることで手術ができ、ロボット機能により従来は不可能であった角度からの視野確保や手術器具の操作が行えますので、患者さんの負担を最小限に抑えることができます。また、手術中の出血量も少なくなるとともに、体の機能温存が期待できます。さらには、手術後の痛みを少なくすることも期待できます。

一般手術との創部の比較

 市立伊丹病院では、泌尿器科によるロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術(Robot-assisted laparoscopic radical prostatectomy:RALP)をはじめ、呼吸器外科でもロボット支援肺葉切除術 (Robot-assisted thoracoscopic lobectomy for lung cancer:RATS for lung cancer)が開始されました。今後他の診療科においても「ダヴィンチXi」によるロボット支援下手術を積極的に取り入れ、手術の低侵襲化を図っていきます。

ダヴィンチXiの概要

 ダビンチはサージョンコンソール、ペイシェントカート、ビジョンカートの3つの機器によって構成されています。

daVinci system
daVinci view

①「サージョンコンソール」とよばれる操縦席に座り、
 3D画像を見ながら手元のコントローラーを操作します。

②「ペイシェントカート」の4本のロボットアームにその
 動きが伝わります。

③「ビジョンカート」のモニターに手術中の画像が映し
 出され、手術スタッフも同じ画像が共有されます。