形成外科

外来診察表はこちら

主なスタッフ
医師名 役職 学会専門医・認定医
中村 和人 科主任部長 日本形成外科学会[専門医][指導医]
日本乳房オンコプラスティックサージェリー学会
                  [エキスパンダー・ゲル人工乳房責任医師]
日本創傷外科学会[専門医]
日本臨床皮膚外科学会[皮膚腫瘍外科分野指導医]
日本マイクロサージェリー学会[再建マイクロサージェリー分野指導医]
今井 光 専攻医

特色

 形成外科は先天的、あるいは後天的に身体に生じた変形や障害に対し、手術を中心とした治療により、形態的かつ機能的に良好な状態に再建することを目的としています。

診療内容・特徴

皮膚・軟部組織腫瘍(良性・悪性) 
腫瘍切除と再建手術を行います。集学的治療を要する皮膚軟部悪性腫瘍については改めてハイボリュームセンターへ紹介させていただくこともあります。
顔面外傷、顔面変性疾患、その他皮膚軟部組織の外傷 
顔面骨骨折(頬骨骨折、眼窩底骨折、鼻骨骨折など)、顔面やその他皮膚軟部組織の外傷(挫創、切創、熱傷など)、眼瞼下垂症、眼瞼(睫毛)内反症など、可能な限りきれいに治癒できるように治療します。
乳房再建
乳癌切除に伴う乳房欠損に対しては、自家組織による再建とシリコンインプラントを用いる再建があります。乳腺外科と共同で行う乳房切除との同時再建だけでなく、乳房切除後で再建を希望する患者様にも対応しています。様々な再建方法の中から、乳癌治療やライフスタイルに合わせて、ご希望にそった治療を行っております。
リンパ浮腫
原則としてリンパ節郭清後等続発性リンパ浮腫に対する診療を行なっております。リンパシンチグラフィーなどにより診断・精査し、適応となる患者様にはリンパ管静脈吻合術(リンパ管と静脈を顕微鏡下で吻合し、浮腫を改善させる手術です)を行っています。
下肢静脈瘤
下肢静脈瘤に対しては、従来から行われているストリッピング術の他に、適応となる患者様には高周波を用いた血管内治療(カテーテル治療)を行っています。
瘢痕、瘢痕拘縮、ケロイド
術後や外傷後の目立つ瘢痕、関節などの可動域制限を伴う瘢痕、その他ケロイドに対して治療を行います。修正手術やステロイド外用剤・注射、ケロイドに対して切除術を行う際に放射線を照射することもあります。それぞれの瘢痕ごとに適切な治療法をご提案し、可能な限りの改善を目指します。
先天異常
手足の先天異常疾患(多指症、合指症)、耳介形成異常など

医療機関の先生方へ

 患者様の希望に添い、治療法を行っております。
 形成外科疾患と思われる患者様がいらっしゃいましたら、お気軽にご紹介いただけますと幸いです。どうぞ宜しくお願い致します。