TOP >  地域がん診療連携拠点病院

地域がん診療連携拠点病院

地域がん診療連携拠点病院

 
 わが国では二人に一人ががんに罹り、三人に一人ががんで亡くなっています。そこで国では平成18年にがん対策基本法を、さらに平成19年にはがん対策推進基本計画(基本計画)を制定しがんの克服を目指してきました。その中で、全国どこでも質の高いがん医療を提供することができるよう、がん医療の均てん化を目指し、都道府県がん診療連携拠点病院、地域がん診療連携拠点病院などが整備されてきました。その後基本計画は平成24年(第二期)と平成29年(第三期)に改訂されましたが、がん診療連携拠点病院の入れ替えはほとんど行われてきませんでした。しかし、今回の第三期基本計画では、がん診療連携拠点病院の指定要件が大幅に見直され、これまでの指定病院も新しい要件を満たしているか厳しくチェックされることになりました。その結果、これまで兵庫県指定のがん診療連携拠点病院であった当院が初めて国の指定を受けることができました。2016年に阪神北医療圏域で院内がん登録数(診療したがんの患者さんの人数)が最も多かったこと、がん治療の3本柱である手術・放射線治療・化学療法(抗がん剤治療)の件数と成績、緩和ケアなどの患者さんへのサポート体制の充実などが評価された結果と考えます。
第三期基本計画では、とくに以下の三点が重点目標とされています。
1. 科学的根拠に基づくがん予防・がん検診の充実 ~がんを知り、がんを予防する
2. 患者本位のがん医療の実現 ~適切な医療を受けられる体制を充実させる
3. 尊厳を持って安心して暮らせる社会の構築
今後は、国指定の地域がん診療連携拠点病院としてこの重点目標を達成し、伊丹市のがん患者さんの治療(キュア)はもちろんですが、ケア(心遣い)にもこれまで以上に力を入れ、がん患者さんのQOL(生活の質)を高めるよう努力してまいります。
当院では、がん治療の第4の柱として注目されている免疫チェックポイント阻害剤による免疫療法にも力を入れており、今後も積極的に最新のがん診断法・治療法を取り入れてまいります。市民のみなさまのご支援をお願い申し上げます。
(文責 市立伊丹病院 病院長 飯石浩康)
 

がん登録

国のがん対策の一翼を担うがん登録業務

わが国では、死亡原因の第一位であるがんについて、研究や予防対策、医療を総合的に推進し、がんの罹患率や死亡率の激減を目指しています。
国が行なうがん対策には、がん罹患率や死亡率の実態把握が不可欠となります。そこで利用されているのが「がん登録」です。

各医療施設が収集する「がん登録」を「院内がん登録」と言い、当院では2008年1月症例より登録を開始しています。厚生労働省の標準登録様式に基づき、発見の経緯、腫瘍情報、初回治療情報など約60項目を登録し、さらに治療後の経過についても追跡調査を行い実態把握に努めています。登録された情報は、院内の統計や研究等に活用され、がん診療への還元を行なうとともに、ホームページで患者さまに向けた情報の公開を行なっております。
また院内がん登録で収集したがん情報の一部は「地域がん登録」に報告しております。

がんの専門チームや相談窓口を配置し、質の高いがん診療を提供するために病院一丸となって取り組んでいます。

院内がん登録情報

市立伊丹病院 2009年-2014年 主要部位別登録推移2014年 市立伊丹病院 がん登録部位割合主要6部位の登録数の推移(男性) 市立伊丹病院主要5部位の登録数の推移(女性) 市立伊丹病院

緩和ケア研修受講状況(医師一覧)

 緩和ケア研修受講状況(医師一覧)[PDF]