itami hospital

Category Archives: イベント

9月1日(日)に、令和元年度兵庫県災害医療従事者研修会として、兵庫県播磨広域合同防災訓練に参加しました。

当院の参加メンバーは、医師1名、看護師2名、事務局員1名の4名。

任務は、「リアル救護所」として、訓練ではなく、実際に気分が悪くなった方や熱中症等の方の救護を行うチームとして参加しました。


また、訓練としても災害時診療概況報告システム「J-SPEED」を使っての疑似入力訓練を行いました。

会場では多数のDMAT(災害派遣医療チーム)の救急車両や、消防車両、陸上自衛隊、海上保安本部、国土交通省、兵庫県警察などの公的機関だけでなく、電力会社、電話会社、ガス会社などの民間のライフライン関係に至るまで、多数の参加で行われました。(公式参加予定数:1,500人、約70機関)

9月初旬ではありましたが、幸いに曇りの天気で気温も低く、熱中症になられる方も居られなかったので、実際に救護の場面は発生せず、無事に任務を完了することができました。

災害時の対応は、こうした訓練への参加経験が有るか無いかで大きく違って来ます。最近ではJ-SPEEDやEMIS(広域災害救急医療情報システム)などのICTを使った情報伝達システムも充実してきており、それらを訓練で体験することが出来、大変勉強になり有意義な訓練でした。

医事課 医療情報担当 滝井 俊博

 2019年3月14日に閔副院長の定年お祝い会を伊丹市内のホテルで開催し、これまでのご功績をたたえ、約100名を超える多くの方々が集まり、終始なごやかな雰囲気につつまれ、最後には突然のご家族の登場あり、と心に残るアットホームな会となりました。
閔副院長送別会 壇上
 閔副院長は 約15年9ヶ月間、と長きにわたり伊丹病院を支えてきていただきました。最後には、閔副院長を囲み、参加されました皆様と一緒に 記念写真をとりました。

 閔副院長 長い間 お疲れ様でした。心より感謝を申し上げます。
(医局長 村山洋子)

閔副院長送別会 集合写真

( 写真クリックで詳細表示)

 2019年3月8日(金)退職される先生方のご挨拶&研修医卒業記念発表会をくすのき講堂にて行いました。

~退職される先生へ~
新天地での益々のご活躍を祈念しております。
心より感謝を申し上げます。
医局会20190309
 11名の初期研修医の先生方は、研修の成果を思う存分に濃縮された素晴らしい発表でした。今年度の☆ベスト・プレゼンター賞(80名の上級医の採点の結果)は久堀先生☆good question賞は、脳神経外科 二宮先生が選ばれました。最後に、研修医の皆さんを囲んで、参加された医局員とともに記念写真を撮りました。

~初期研修医の先生方へ~
大きく世界に向かって羽ばたけ、そして いつか 市立伊丹病院で再会しましょう。
(医局長 村山洋子)

( 写真クリックで詳細表示)

第105回市民公開講座(ブログ)20170805
 平成31年1月26日(土)伊丹市立産業情報センターの6階マルチメディアホールにて、市民公開講座「よくわかる大腸がんのお話」を開催しました。

 座長に筒井副院長、演者に「大腸がんの予防」の話をした飯石病院長、「大腸がんの診断」の話をした村山医局長、「大腸がんの内視鏡治療」の話をした荻山消化器内科部長が行いました。

 121名の市民の方々が足を運んでくださり、大腸がんの病気治療に対する関心の高さを感じました。

(経営企画室 広報担当 中村 隆)

( 写真クリックで詳細表示)

医局親睦会20171118  2018年12月1日(土)医局親睦会を大阪市内のホテルで開催し、医師71名、総勢81が集まり、日頃の病院での忙しさも忘れ、笑いの絶えない、思い出深い楽しいひと時を多くの医局員と過ごしました。
 当日は、マジシャン・キノピーをお招きし、ステージでのマジックショー・各テーブルでのテーブルマジック・初期研修医の先生方からのクイズ大会・じゃんけんポン大会・昆陽池賞の発表などあり。
 最後には、参加された皆様と一緒に記念写真をとりました。

医局長 村山洋子
( 写真クリックで詳細表示)

医局会20180309  2018年3月9日に当院 くすのき講堂にて 退職される先生方のご挨拶&初期研修医卒業記念発表会をおこないました。
 
~退職される先生へ~
新天地での益々のご活躍を祈念しております。
心より感謝を申し上げます。
 医局会20180309

7名の初期研修医の先生方は、2年間の成果を思う存分に濃縮された素晴らしい発表会でした。今年の ベスト・メンター賞は、呼吸器内科・主任部長 細井先生、ベスト・プレゼンター賞は(50名の上級医の採点の結果) 長岡先生が選ばれました。研修医のお姉さん役として、研修医・指導医のサポートをして いただきました総務課 越さんも含めて、医局員とともに記念写真を撮りました。
 
~初期研修医の先生方へ~
大きく世界に向かって羽ばたけ、そして いつか 市立伊丹病院で再会しましょう。

医局長 村山洋子
( 写真クリックで詳細表示)

医局親睦会20171118  2017年11月18日に医局親睦会を世界のUSJにて行いました。
 中田管理者はエルビス・プレスリー、飯石病院長はマイケル・ジャクソンの衣装を着て、開会のご挨拶をしていただきました。
市立伊丹病院で研修された卒業生、ご家族で参加された先生方も含め総勢130名の方が参加されました。
 お好きなペイントを顔に施してもらったり、エンターテイメントショーにノリノリ お子様と一緒にダンスをしたり、日ごろの忙しさを忘れ 笑顔一杯・笑いの絶えない・楽しいひと時を医局員みんなで過ごしました。

医局長 村山洋子
( 写真クリックで詳細表示)

平成29年市民公開講座(栄養管理)20170826 平成29年8月26日(土)14時より、スワンホールにて栄養管理担当が「~見ておいしい・食べておいしい 嚥下食のお話~」をテーマに「第83回 市民公開講座」を開催しました。
 座長は中井副院長、演者は岩佐栄養管理担当主幹、白居主任調理師、小田管理栄養士が講座を行い、最後に嚥下食ときざみ食の食べ比べ試食会をおこないました。市民93名が参加し、昨年に引き続きたいへん楽しい市民公開講座になりました。
 

 演題1『嚥下食の学会基準について』岩佐栄養管理担当主幹 講演
 演題2『当院嚥下食の基準について』小田管理栄養士 講演
 演題3『嚥下食の料理方法について』白居主任調理師 講演
 試食会『当院嚥下食3ときざみ食の食べくらべ会』
上記の3講演と試食会をおこないました。

 市民の方からは料理と試食についての意見を多くいただき、当院の嚥下食についてもたいへん興味を持っていただきました。また、終了後も地域施設の方々から多数のご質問があり、よい反響だったのではないかと感じています。
 これからも北阪神医療圏域の中核病院として、食を通じて地域に貢献できるよう努めてまいります。

医療技術部 栄養管理担当
( 写真クリックで詳細表示)

第83回市民公開講座(ブログ)20170826  8月26日(土)スワンホール 3階多目的ホールにて、「見ておいしい・食べておいしい 嚥下食のお話」というテーマで市民公開講座を開催しました。
 座長に中井副院長、演者に「嚥下食の学会基準について」の話をした岩佐栄養管理担当主幹、「当院嚥下食の基準について」の話をした小田管理栄養士、「嚥下食の料理方法について」の話を白居主任調理師が行いました。また、「当院嚥下食3 と きざみ食の食べくらべ会」の試食会もあわせて実施しました。
 93名の参加者があり、アンケートのご意見の中には、『市民病院が市民のために地域で果たしている役割がよく伝わってきた』、『魚がこくがあってとても良い味でした』との声をいただき、当院栄養管理の取り組みが評価されたのだと感じました。
 これからも市民の方々に興味を持ってもらえる市民公開講座の開催を目指して参ります。

経営企画室 広報担当 中村 隆
( 写真クリックで詳細表示)

第82回市民公開講座(ブログ)20170805  9月2日(土)に患者サービス向上委員会主催で、ジャズサウンド奏者「わたくりフレンドリーバンド」、ボーカルとギターのデュオ「マクロバテックス」のご出演によります夏のロビーコンサートを開催しました。
 関西エリアを中心に活動中のミュージシャン達の集まりで構成されています「わたくりフレンドリーバンド」の迫力あるジャズサウンドや各地域の音楽祭や福祉施設、公共施設での演奏経験もある「マクロバテックス」のボーカルとギターデュオの聴かせる歌声に、参加者113名の方々には癒しの時間となりました。

経営企画室 広報担当 中村 隆
( 写真クリックで詳細表示)