itami hospital

Category Archives: イベント

医局会20180309  2018年3月9日に当院 くすのき講堂にて 退職される先生方のご挨拶&初期研修医卒業記念発表会をおこないました。
 
~退職される先生へ~
新天地での益々のご活躍を祈念しております。
心より感謝を申し上げます。
 医局会20180309

7名の初期研修医の先生方は、2年間の成果を思う存分に濃縮された素晴らしい発表会でした。今年の ベスト・メンター賞は、呼吸器内科・主任部長 細井先生、ベスト・プレゼンター賞は(50名の上級医の採点の結果) 長岡先生が選ばれました。研修医のお姉さん役として、研修医・指導医のサポートをして いただきました総務課 越さんも含めて、医局員とともに記念写真を撮りました。
 
~初期研修医の先生方へ~
大きく世界に向かって羽ばたけ、そして いつか 市立伊丹病院で再会しましょう。

医局長 村山洋子
( 写真クリックで詳細表示)

医局親睦会20171118  2017年11月18日に医局親睦会を世界のUSJにて行いました。
 中田管理者はエルビス・プレスリー、飯石病院長はマイケル・ジャクソンの衣装を着て、開会のご挨拶をしていただきました。
市立伊丹病院で研修された卒業生、ご家族で参加された先生方も含め総勢130名の方が参加されました。
 お好きなペイントを顔に施してもらったり、エンターテイメントショーにノリノリ お子様と一緒にダンスをしたり、日ごろの忙しさを忘れ 笑顔一杯・笑いの絶えない・楽しいひと時を医局員みんなで過ごしました。

医局長 村山洋子
( 写真クリックで詳細表示)

平成29年市民公開講座(栄養管理)20170826 平成29年8月26日(土)14時より、スワンホールにて栄養管理担当が「~見ておいしい・食べておいしい 嚥下食のお話~」をテーマに「第83回 市民公開講座」を開催しました。
 座長は中井副院長、演者は岩佐栄養管理担当主幹、白居主任調理師、小田管理栄養士が講座を行い、最後に嚥下食ときざみ食の食べ比べ試食会をおこないました。市民93名が参加し、昨年に引き続きたいへん楽しい市民公開講座になりました。
 

 演題1『嚥下食の学会基準について』岩佐栄養管理担当主幹 講演
 演題2『当院嚥下食の基準について』小田管理栄養士 講演
 演題3『嚥下食の料理方法について』白居主任調理師 講演
 試食会『当院嚥下食3ときざみ食の食べくらべ会』
上記の3講演と試食会をおこないました。

 市民の方からは料理と試食についての意見を多くいただき、当院の嚥下食についてもたいへん興味を持っていただきました。また、終了後も地域施設の方々から多数のご質問があり、よい反響だったのではないかと感じています。
 これからも北阪神医療圏域の中核病院として、食を通じて地域に貢献できるよう努めてまいります。

医療技術部 栄養管理担当
( 写真クリックで詳細表示)

第83回市民公開講座(ブログ)20170826  8月26日(土)スワンホール 3階多目的ホールにて、「見ておいしい・食べておいしい 嚥下食のお話」というテーマで市民公開講座を開催しました。
 座長に中井副院長、演者に「嚥下食の学会基準について」の話をした岩佐栄養管理担当主幹、「当院嚥下食の基準について」の話をした小田管理栄養士、「嚥下食の料理方法について」の話を白居主任調理師が行いました。また、「当院嚥下食3 と きざみ食の食べくらべ会」の試食会もあわせて実施しました。
 93名の参加者があり、アンケートのご意見の中には、『市民病院が市民のために地域で果たしている役割がよく伝わってきた』、『魚がこくがあってとても良い味でした』との声をいただき、当院栄養管理の取り組みが評価されたのだと感じました。
 これからも市民の方々に興味を持ってもらえる市民公開講座の開催を目指して参ります。

経営企画室 広報担当 中村 隆
( 写真クリックで詳細表示)

第82回市民公開講座(ブログ)20170805  9月2日(土)に患者サービス向上委員会主催で、ジャズサウンド奏者「わたくりフレンドリーバンド」、ボーカルとギターのデュオ「マクロバテックス」のご出演によります夏のロビーコンサートを開催しました。
 関西エリアを中心に活動中のミュージシャン達の集まりで構成されています「わたくりフレンドリーバンド」の迫力あるジャズサウンドや各地域の音楽祭や福祉施設、公共施設での演奏経験もある「マクロバテックス」のボーカルとギターデュオの聴かせる歌声に、参加者113名の方々には癒しの時間となりました。

経営企画室 広報担当 中村 隆
( 写真クリックで詳細表示)

小児科病棟絵本聞かせ会20160825   8月25日(金)13:30~14:00、NPO法人兵庫県子ども文化振興協会の協力により『絵本パフォーマンス』を小児科病棟のプレイルームで開催しました。
 絵本パフォーマーである岸田典大さんは、それぞれの絵本に合った作曲をされており、その音楽に乗せて一言一言に抑揚と動作を付け、表情も豊かに演じるような読み聞かせを披露していただきました。
 合間に挟まれるお喋りも笑いを誘う語り口で、子供も大人も楽しめたステージでした。

医事課M・T
( 写真クリックで詳細表示)

第82回市民公開講座(ブログ)20170805  8月5日(土)スワンホールの3階多目的ホールにて、市民公開講座「狭心症・心筋梗塞と不整脈のおはなし」を開催しました。
 座長に下山循環器内科主任部長、演者に「狭心症・心筋梗塞を知る」の話をした嶋本循環器内科医長、「心房細動のカテーテル治療」の話をした山本循環器内科部長、「安心して心臓カテーテルを受けてもらうために~術前訪問について~」の話を太田INE看護師が行いました。
30度を超える暑さの中、243名の市民の方々が足を運んでくださり、循環器の病気や治療に対する関心の高さを感じました。

経営企画室 広報担当 中村 隆
( 写真クリックで詳細表示)

復職支援研修では、認定看護師からの実演を含めた講義や看護技術の演習を行っています。
実技は、清拭や洗髪の演習と静脈注射・輸液ポンプの取り扱いなどで、研修者からも好評です!
今回は、平成29年10月7日 土曜日に行います。是非、ご参加ください。
なお、2回目は、平成29年11月11日 土曜日に企画する予定です。こちらにもご参加ください。

参加される場合は、希望日、氏名、連絡先(携帯電話)をメールまたはお電話にて、お知らせ下さい。
(お申し込み先)itami-hp@city.itami.lg.jp   072-777-3118(総務課人事研修担当直通)

研修担当看護師

第78回市民公開講座(ブログ)20170511 7月8日(土)伊丹市立産業情報センターの6階マルティメディアホールにて、市民公開講座「肝臓について」を開催しました。
座長に筒井副院長、演者に「肝炎ってなに?」の話をした富永消化器内科医長、「肝がんに気をつけよう」の話をした今中消化器内科部長が行いました。
30度を超える暑さの中、113名の市民の方々が足を運んでくださり、肝炎・肝がんの病気治療に対する関心の高さを感じました。

経営企画室 広報担当 中村 隆
( 写真クリックで詳細表示)


3階東病棟(小児病棟)には、病棟保育士がいます。子ども達の入院に伴うストレスを、少しでも緩和しようと色々な遊びを提供しています。患児は年齢も様々なのでそれぞれの成長に合った遊びを考え、材料を準備しています。日々、試行錯誤しながら取り組んでいますが、泣いていた子ども達が笑顔を見せてくれるようになり元気になって退院していってくれる姿に、喜びを感じます。また、入院や育児についての不安など、保護者からの相談も受けております。これからも、医療チームの方々と一緒に協力して、患児を温かく見守っていきたいと思います。
                   
                              3東 病棟保育士N.M

小児病棟には0歳から15歳までの幅広い年齢の子どもさんが入院しています。疾患や発達段階に合わせて子どもたちが安心して療養できるようにプレパレーションチームでは、HPS(ホスピタルプレイスペシャリスト)の資格を持った看護師を中心に日々関わっています。また育児支援にも力を入れており、療養中に少しでも育児の不安を軽減して帰っていただけるように日々家族との関わりを大切にしています。先日は伊丹ホールで子どもの病気について市民講座を開き、地域との交流も深めてきました。看護師としてこの病棟に勤務して2年目となる私ですが、やりがいを感じて毎日過ごしています。
                              3東 病棟看護師R.A